ABOUT FICUSについて

代表取締役 Founder 兼 グループCEO 岡本 成正

TOP MESSAGE知的資本主義社会の実現

代表取締役 Founder 兼 グループCEO岡本 成正

私たちが事業を通じて実現したい「根本にある志」とは「資本主義社会の変革」です。
気宇壮大なことですが、本気で考え、行動を起こします。

一般的な概念として資本主義とは、生産手段を持つ資本家が、それらを持たない賃金労働者を雇用し
利潤を追求する社会システムです。
そのため、「r(資本収益率)>g(労働所得成長率)」資本による収益率は(過去の統計上)労働
所得の成長率を上回り続け、持つ者と持たざる者、の格差は縮まることなく、むしろ拡大しています。

この「資本主義社会」の根源的な課題に対し、育成型投資という機能を通じて人々の生産性向上へと
寄与し、結果、一人当たり所得の増加により資本と労働の期待収益の差異を埋め、逆転させる。

まさに「努力は報われる」世の中の形成に貢献したい。
その信念は、「知的資本主義社会の実現」にあります。

資産や生産手段を持たずとも、知的資本、すなわち知識を蓄積し、能力を高めていくことにより、
生産性と所得を継続的に伸ばし、資本家に至る道筋を示します。
その結果として社会を、人々を、世の中を豊かにし、幸せにしたい。

もう一つ、私たちが大切にする価値観は「経営の継続性」です。
継続性を高める手段は、依存度を下げ、多様な価値観を尊重することにあります。

一つの商品、一つの事業、一人の人間、一つの考え方、への依存度が過度に高まり、その「何か」が
通用しなくなったとき、継続性の前提に疑義が生じます。
そのためポートフォリオを組み、異なる視点を受け入れ、現状に留まる事なく新陳代謝を繰り返す事
が重要と考え、実行して行きます。

これまで人々が解決できなかった社会課題に対して一つの解を示し、知恵と力そして行動もって未来
を変え、世の中に貢献できるものと信じています。

2016年8月1日
FICUSホールディングス株式会社
代表取締役 岡本 成正

社名にかける想い

ラテン語で「いちじく(の葉)」
禁断の果実を口にしたアダムとイブは、自らが裸であることを認識し、いちじくの葉で体を覆った。
- 旧約聖書 創世記

知恵(知的資本)を有するヒトが、何を成すべきか自ら考え、行動する象徴、用いる道具・器として
の会社を表現した。

  • MISSIONr<g
    資本収益率<知的労働所得成長率
    起業家 → 経営者 → 資本家知的資本をもとに資本家に至るプロセスを具現化
    結果として日本(国際)経済の成長へ寄与する

  • VISION知的資本主義社会の実現

会社概要

  • 会社名

    FICUSホールディングス株式会社

  • 所在地

    〒101-0031 東京都千代田区東神田2-4-6
    S-GATE秋葉原 8階

  • 設立日

    2016年6月10日

  • 連結売上高

    第一期 (16年10月期) 8億円
    第二期 (17年10月期) 35億円
    第三期 (18年10月期) 40億円

  • グループ法人

    株式会社スカイフィールドコーポレーション
    メブキ株式会社
    株式会社スマートロボティクス

  • 代表取締役

    岡本 成正 (おかもと なりまさ)

  • 役職員数

    56名(グループ計、19年3月現在)

  • 資本金

    14,000万円 (資本準備金を含む)

  • 主要株主

    岡本 成正
     

  • 取引銀行

    みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行
     
     

CONTACTお問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ